米商務省:中国製の太陽電池めぐり反ダンピング調査を開始

米商務省は9日、中国製の太陽 電池に対し反ダンピング(不当廉売)・相殺関税を課すかどうか判断 するため調査を開始したと発表した。ドイツのボンに本社を置くソー ラーワールドの米子会社などの申し立てを受けた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。