アジアの「超富裕層」の数、北米抜くのは2032年の見通し-調査会社

純資産3000万ドル(約23億 3000万円)以上のいわゆる「超富裕層」の数は、北米が向こう20年 間、アジアを上回るとの見通しを、調査・コンサルタント会社ウェルス -X(シンガポール)が示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。