「覆面」実施の可能性も、31日以降の介入額8.7兆~9.1兆円か-東短リ

東短リサーチの加藤出チーフエ コノミストは、政府・日本銀行が10月31日に実施した大規模な円売 り・ドル買い介入の後も、断続的に「覆面」介入を行っていた可能性が あるとの見方を示した。また、大規模介入も含めて今月4日までの介入 総額が8兆7000億円から9兆1000億円に上ると試算した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。