アジア株:下落、コモンウェルス銀安い-イタリア懸念などが響く

10日午前のアジア株式相場は下落。 指標のMSCIアジア太平洋指数がこのまま推移すると、終値ベース で2カ月ぶりの安値となる。日本の9月の機械受注が減少したことに 加え、イタリアの国債利回り急上昇で同国が救済支援を求める可能性 があるとの懸念が強まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。