米シェール層掘削拡大で砂の輸送需要が急増-鉄道車両製造追い付かず

米国でシェール層の原油や天然ガ ス掘削に利用する砂の需要が急増し、鉄道車両の生産が3年ぶりの高水 準に達している。このため、米グリーンブリアー・カンパニーズやアメ リカン・レールカー・インダストリーズによる鉄道車両の増産ペースが 需要に追い付かない状況になっている。

アメリカン・レールカーのデール・デービス最高財務責任者(CF O)はミズーリ州セントチャールズにある自身のオフィスから電話イン タビューに応じ「今は、皆、鉄道車両を必要としている。できる限り輸 送能力を増強しようとしている。2012年は完全にフル稼働だ」と述べ た。

米国では、失業率が約9%に達し住宅市場は低迷、所得が停滞し景 気が抑制されているにもかかわらず、チェサピーク・エナジーなどの原 油・天然ガス生産関連企業は好調だ。ペンシルベニアやワイオミング、 ノースダコタ、テキサスなどの州で掘削が再び活発になっていることか ら輸送需要が増加。掘削会社による鉄道車両の需要が伸び、鉄道供給会 社の雇用創出や業績拡大につながっている。

原油やガス抽出のため地下約1マイル(約1.6キロメートル)の地 層を砕く水圧破砕プロジェクト1件当たりで最大2500トンの砂が鉄道 輸送される。この「フラッキング」と呼ばれる工程が完了すると、新た に発見された数千バレルの燃料が別の鉄道車両で輸送される。

グリーンブリアーのウィリアム・ファーマン最高経営責任者(CE O)は3日、アナリストとの電話会議で「北米ではエネルギー輸送が活 発だ」と指摘。「鉄道や鉄道車両、鉄道事業の需要は、長期にわたって この業界を国内総生産(GDP)や米国経済の健全性と結び付けていた 全般的な景気の推進力からは切り離されている」との見方を示した。

キーバンク・キャピタル・マーケッツ(クリーブランド)のアナリ スト、スティーブ・バーガー氏は鉄道供給協会の統計を引用し、フラッ キングに利用する原材料などの輸送需要に伴い、建造予定の鉄道車両の 数は6万5044台と、2008年以来の高水準に達し、7四半期連続で増 加していると述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE