東京オフィス賃料に先安観、12年の大量供給控え-低賃料で移転も

東京のオフィスビル賃料は先安観 が続く見通しだ。国内経済は震災前の状況に戻りつつあるものの、2012 年に見込まれる新規オフィスビルの大量供給がオフィス市況の改善を 抑えることが懸念されている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。