オリンパス株価が3日連続ストップ安気配、警視庁が本格捜査の報道も

オリンパス株価が3日連続のスト ップ安(値幅制限いっぱいの下落)売り気配。午前10時53分現在も買 いの約5倍の売り注文があり、前日比100円安の484円で取引が成立し ない状態。この水準は1975年3月以来約37年ぶりの低さ。損失隠し全 容解明に向け警視庁も本格捜査に乗り出したとの報道などが手掛かり。

オリンパスは8日、海外ファンドを使って、1990年代からの投資 損失の計上を先送りし、解職された元社長が問題視した企業買収の費用 で穴埋めしていたと発表。すでに証券取引等監視委員会が調査に乗り出 し、東京地検も関心を示しているほか、10日の読売新聞朝刊は、警視 庁も同社に資料提出を求めるなど本格捜査に乗り出したと報じた。

読売の報道についてオリンパス広報担当の山﨑沙緒里氏は「確認中 のためコメントできない」と述べている。同社をめぐっては時事通信も 10日未明、取引金融機関が融資条件変更の検討に入ったと報道。借入 金の使途が虚偽だった場合は前倒し回収もあり得ると伝えた。

上場廃止リスクも売り圧力。オリンパスは過去の買収に関する第三 者委員会の調査の推移を見守る必要があるとして、8日に予定していた 決算を延期。その第三者委の調査で損失隠しが発覚した。14日までに 決算発表が出来なければ東証によって、上場廃止基準に抵触する可能性 がある株を対象とする監理銘柄に指定される公算がある。

--取材協力 東京 藤村奈央子、河元伸吾、上野英治郎、山村敬一 Editors:Yoshinori Eki, Shintaro Inkyo

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 天野高志  Takashi Amano +813-3201-2423  tamano6@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先:

大久保義人   Yoshito Okubo +813-3201-3651  yokubo1@bloomberg.net 香港      Michael Tighe +852-2977-2109  mtighe4@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE