印ランバクシーの7-9月:10四半期で最悪の赤字-為替差損が響く

インド最大の製薬会社、ランバク シー・ラボラトリーズの7-9月(第3四半期)決算は為替損失が響 き、過去10四半期で最悪の赤字となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。