アングロ・アメリカン、チリ部門株式を三菱商に売却-53.9億ドル

英鉱山会社アングロ・アメリカン はチリの銅鉱山部門アングロスールの株式24.5%を三菱商事に53億 9000万ドル(約4200億円)で売却したと発表した。

アングロ・アメリカンが9日発表した資料によると、同社は引き 続きアングロスール株75.5%を保有している。三菱商事は取得株の代 金を、10日が期限の約束手形で支払った。

アングロスールはチリ中部にあるロスブロンセス銅鉱山を所有。 同社は2002年に米エクソンモービルから同鉱山を買い取り、25億ド ルを投じて拡張。年内の生産開始を予定している。

チリ銅公社(コデルコ)は10月12日、アングロスール株49%の 取得に向け、三井物産から67億5000万ドルを借り入れると発表して いた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE