ギリシャ大統領、各党指導者との協議を10日開催-次期首相決まらず

ギリシャで大連立政権樹立を目 指し行われている与野党協議は次期首相の人選をめぐり対立し、連 立内閣の先行きが不透明になった。同国が破綻を回避するために必 要な救済基金確保への影響が懸念される中、パプリアス大統領は10 日に各党の指導者との会合を開くことを決めた。

次期首相の決定の遅れに批判が強まる中でパパンドレウ首相は 9日、パプリアス大統領と会談。首相はまた、最大野党・新民主主 義党(ND)のサマラス党首や野党・国民正統派運動(LAOS) のカラザフェリス党首との会談に参加した。カラザフェリス氏は会 談を退席した。

パパンドレウ首相は同日、国営NETテレビで中継された国民 向け演説で、「意見の相違はあるものの、われわれは対立点や不毛な 反対をいったん保留する」と語った。パプリアス大統領は10日午前 10時(日本時間同日午後5時)に各党指導者との会合を開く。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE