野田首相:TPP交渉参加問題で11日に記者会見-党内調整が難航

野田佳彦首相は環太平洋経済連携 協定(TPP)交渉参加問題について11日に記者会見を開き、態度を 表明する。当初は10日に記者会見を行うことも検討していたが、党内 に慎重論が多く午後に行った輿石東幹事長ら民主党幹部との会談で結 論が出なかったため、決断を先送りすることになった。

首相は12、13両日に米ハワイで開かれるアジア太平洋経済協力会 議(APEC)首脳会議に出席する。APECで参加表明するために は11日がぎりぎりのタイミングになる。

民主党の経済連携プロジェクトチームが9日発表した提言は、交 渉参加をめぐるこれまでの議論について「時期尚早・表明すべきでは ない」と「表明すべき」の両論があったが、「前者の立場に立つ発言が 多かった」と慎重・反対論が多数であったことを指摘。その上で、「政 府には、以上のことを十分に踏まえた上で、慎重に判断することを提 言する」と明記していた。

これを受け、首相は10日午後、官邸で政府・民主党3役会議を開 き、対応を協議。藤村修官房長官はその後の記者会見で、首相が10日 中の決断を見送ったことについて「党の方の状況を重く受け止めると いうところで、もう一晩考えたいということだった」と説明。APE Cでの参加表明をしない可能性もあるのかとの質問に対しては、「その ことについては一切、分かりません」と述べるにとどめた。

一方、樽床伸二幹事長代行は会議後、記者団に対し、「明日、首相 の記者会見をするということを決めた。党の皆さんの思いも正確に首 相に伝えなければいけない」と語った。

藤村氏は、11日の対応について国会の衆参両院予算委員会で集中 審議が行われる予定であることを踏まえ、「もう1日考えることになっ たので国会における皆さんの意見も聞くということになる」と語り、 方針決定は国会審議後になるとの見通しを示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE