止まぬ円高が日本企業に迫る海外移転加速-国内空洞化の恐れ一段と

歯止めの掛からない円高で日本の 製造業が岐路に立たされている。すでに長期にわたる国内経済の停滞 で企業は疲弊、従業員数は過去20年間に3分の1減少した。ここに きて急激に進む円高は輸出企業の為替差損を拡大し、生産立地の一段 の見直しを迫る。世界第2位の経済大国の地位を失った日本の製造業 の先行きには悲壮感も漂う。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。