機械受注は2カ月ぶりマイナス、予想上回る減少-判断下方修正

9月の機械受注は、2カ月ぶりに 減少した。減少率は事前予想を上回った。大幅に増加した前月の反動 もあるとみられるが、外需の弱さから先行きの見通しもマイナスで、 内閣府は基調判断を下方修正した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。