中国:景気刺激策求める圧力増大、インフレ鈍化や住宅販売の減少で

中国の10月のインフレ率が落 ち着きを見せ住宅販売は減少し、工業生産も1年ぶりの低い伸びにと どまったことで、政府に景気刺激策を求める圧力が強まっている。

中国国家統計局が9日にウェブサイトに掲載した10月の消費者 物価指数(CPI)は前年同月比5.5%上昇と、5カ月ぶりの低い伸 びだった。同月の工業生産は13.2%増。同月の住宅販売額は前月比で 25%減少した。

バークレイズ・キャピタルのエコノミスト、常健氏(香港在勤) は政府による小規模ビジネス支援や低コスト住宅プロジェクトに言及 し「選択的な緩和は既に進行中だ」と指摘。その上でさらに「積極的 な」緩和策を取るかどうかはインフレ率と成長率の一段の低下次第だ ろうとの見方を示した。

中国当局は欧州債務危機で輸出需要が脅かされる状況を踏まえ、 景気を落ち込ませることなく消費者物価を抑制して住宅価格を市民の 手に届く水準にすることを目指している。国際通貨基金(IMF)の ラガルド専務理事は9日に北京で、世界的な混乱が悪化した場合に中 国にとって「防御の最前線」となるのは財政政策だろうとの見解を示 していた。

ブルームバーグ・ニュースによる今週のエコノミスト調査では、 インフレ率が通年目標の4%を超えて推移しているため、中国政府が 利下げを伴わない形で財政・金融政策を緩和するとの見方が大勢だっ た。HSBCホールディングスは9日、「的を絞った緩和策」として 中小企業支援措置や公営住宅建設やインフラ整備が盛り込まれる可能 性があるとの見方を示した。

--Zheng Lifei in Beijing, with assistance from Ailing Tan in Singapore, Bonnie Cao in Shanghai, Weiyi Lim in Singapore. Editors: Paul Panckhurst, Nerys Avery

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo +81-3-3201-7499 kshugo@bloomberg.net  Editor:Masashi Hinoki 記事についての記者への問い合わせ先: Li Yanping in Beijing at +86-10-6649-7568 or yli16@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Paul Panckhurst at +852-2977-6603 or ppanckhurst@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE