イタリアの証券取引に決済機関が追加コスト課す-国債利回り急上昇

欧州最大の証券決済機関、LCHク リアネットが顧客に対し、イタリアの債券取引での証拠金の積み増し を求めた。イタリア政府が世界で3番目に重い債務負担の軽減に苦戦 するとの懸念が強まったのが背景にある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。