NY銅:2.6%安の3.441ドル-イタリア国債の利回り上昇を嫌気

9日のニューヨーク銅先物相場は約 1週間ぶりの大幅下落。イタリア国債の利回り急上昇で、欧州債務危機 が悪化しているとの懸念が強まった。

決済機関LCHクリアネットはイタリア国債などを取引する際に顧 客に求める預金比率を引き上げた。銅相場は欧州債務危機の影響で7月 末以来23%下落している。

マレックス・スペクトロン・グループのロンドン金属取引所 (LME)セールス責任者、ニック・ライリー氏は電話インタビュー で、「われわれは銅の需給でもはや取引していない」と指摘。「現在は 欧州のファンダメンタルズでの取引を行っているのだ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先 物12月限終値は、前日比2.6%安の1ポンド=3.441ドル。中心限月とし ては今月1日以来の大幅安。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE