タルーロFRB理事:年次資本審査の最終規則、銀行の懸念に対応へ

米連邦準備制度理事会(FRB) のタルーロ理事は、大手銀行を対象に実施する年次資本審査に関する FRBの最終規則について、「適切に」配当が支払えない可能性があ るとの一部銀行の懸念に応えるものになるとの認識を示した。

タルーロ理事は9日、ニューヨークで講演。事前原稿によると、 最終規則は多分、「当初の資本計画プロセスのタイミングでは翌年の 第1四半期(1-3月)の適切な資本配分に備えられないとする一部 金融機関の懸念に応えるものになる」と発言。FRBは同規則を「近 く発表する」と述べた。

同理事は「6月に公表した規則案に対して受け取ったコメント は最終規則の策定において有益だった」と説明。最終規則では正式な 資本計画を資産500億ドル(約3兆9000億円)以上の銀行持ち株 会社すべてに求めることになる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE