FRB議長:中小企業の支援策検討には慎重さが必要、雇用促進で

バーナンキ連邦準備制度理事会 (FRB)議長は、「厳しい経済局面」で雇用促進を目指し、中小 企業や起業家を支援する際は、政策当局者は「慎重に」支援方法を 検討する必要があると述べた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。