FRB議長:中小企業の支援策検討には慎重さが必要、雇用促進で

バーナンキ連邦準備制度理事会 (FRB)議長は、「厳しい経済局面」で雇用促進を目指し、中小 企業や起業家を支援する際は、政策当局者は「慎重に」支援方法を 検討する必要があると述べた。

バーナンキ議長は9日、ワシントンで開かれた会議の冒頭のあ いさつで、「中小企業は過去の景気回復で重要な役割を担ってきた」 と述べ、「現在の経済環境で、雇用機会拡大のために中小企業や起 業家が必要とする支援を米政府がどのような形で提供するのが最善 なのか慎重に考える必要がある」と続けた。

米連邦公開市場委員会(FOMC)が事実上のゼロ金利に踏み 切り、非伝統的な景気刺激策を講じているが、失業率は2年以上9% 付近で高止まりしている。

バーナンキ議長は、研究を通じて「信用力の高い借り手に対す る融資の流れを妨げている摩擦について当局者は理解を深めようと 努力している」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE