米卸売在庫:9月は0.1%減、09年12月以来のマイナス

米卸売在庫は9月に減少した。 在庫削減は2009年12月以来1年9カ月ぶり。

米商務省が発表した9月の卸売在庫は前月比0.1%減少した。 ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値は

0.5%増加だった。前月は0.1%増(速報値0.4%増)に下方修正 された。

耐久財在庫は0.4%増と前月の1.0%増から減速した。一方、非 耐久財在庫は0.9%減と、2カ月連続マイナス。

UBSセキュリティーズのエコノミスト、サミュエル・コフィン 氏は統計発表前に「在庫は第3四半期(7-9月)にかなり急速に縮 小した」と述べていた。

9月の卸売売上高は非耐久財の増加が耐久財のマイナスを埋めて

0.5%の増加。非耐久財売上高は1.2%増と、4月以来のプラスにな ったが、4月の水準をなお0.6%下回っている。一方、耐久財売上高 は0.4%減と、4カ月ぶりのマイナスを記録した。売上高在庫比率は

1.15カ月で、前月と同水準。

リックしてご覧ください。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE