グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市場 の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は続伸。中国のインフレが鈍化したことに加え、イ タリアのベルルスコーニ首相が辞意表明し、安定政権樹立と債務危機 封じ込めへの期待が高まった。

中国最大の銀行、中国工商銀行(1398 HK)は3.6%高、売上 高で同国2位の不動産開発会社、恒大地産集団(3333 HK)は

2.7%値上がりした。中国の10月の消費者物価指数(CPI)は前 年同月比5.5%上昇と、前月の6.1%上昇から伸びが鈍化したことが 好感された。

原油相場が6営業日続伸する中、中国海洋石油(CNOOC、 883 HK)は4%上昇、ペトロチャイナ(中国石油、857 HK)は

3.3%上げた。香港の複合企業ハチソン・ワンポア(13 HK)も高い。

コンボイ・アセット・マネジメントのシニア投資ストラテジスト、 セドリック・マ氏は「CPI統計により中国当局には景気を刺激する 上で一段の柔軟性が与えられ、市場にとって良い兆候だ」と指摘、 「イタリアは緊縮策で何らかの政治的合意が見られるもようで、市場 のセンチメント改善につながっている」と語った。

ハンセン指数は前日比335.96ポイント(1.7%)高の

20014.43で終了。一時は2.5%高となった。ハンセン中国企業株 (H株)指数は前日比2.2%高の10917.70で引けた。

【中国株式市況】

中国株式相場は3営業日ぶりに上昇した。同国の10月の消費者 物価指数(CPI)の前年同月比上昇率が5カ月ぶりの低水準となり、 政策当局にとっては景気対策を講じる余地が広がった。

中国工商銀行(601398 CH)を中心に銀行株が値上がり。中国 の10月のCPIは前年同月比5.5%上昇となった。国内石油最大手 のペトロチャイナ(中国石油、601857 CH)は商品関連株の上昇を けん引。原油や金属相場の値上がりを好感した。

中国最大の保険会社、中国人寿保険(601628 CH)や自動車メ ーカーの上海汽車集団(SAICモーター、600104 CH)、鉄道建 設を手掛ける中国鉄建(601186 CH)も高い。

ユンイオン・ライフ・アセット・マネジメントの投資責任者、ラ リー・ワン氏(北京在勤)は「CPIの上昇率が3カ月連続鈍化した ことで、投資家はこの傾向が年内は続くだろうと確信を強めた」と指 摘、「当局が緩和に動くと確信している。投資家の見方で一致してい ないのは緩和の度合いだけだ」と語った。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動す る上海総合指数は前日比21.08ポイント(0.8%)高の2524.92で 終了。上海、深圳両証取のA株に連動するCSI300指数は同0.9% 高の2751.65で引けた。

【インド株式市況】

インド株式相場は下落し、指標のセンセックス30種指数は2週 間ぶり安値で引けた。格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サ ービスがインド銀行業界の見通しを引き下げたほか、国内最大手のイ ンドステイト銀行が不良債権の増加を明らかにしたことが悪材料とな った。

ステイト銀は5月以降で最大の値下がり。同行の7-9月(第2 四半期)利益は市場予想を上回ったものの、不良債権が増加した。ム ーディーズは、世界経済の不安定とインド景気の鈍化を背景としたデ フォルト(債務不履行)増加懸念を理由に、インド銀行業界の見通し をネガティブとした。

一方、コンピュータサービスでアジア最大のタタ・コンサルタン シー・サービシズは3週間ぶり高値。同社として過去2番目に大きな 契約を受注したことが買いにつながった。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種は前日比207.43ポイ ント(1.2%)安の17362.10と、先月26日以来の安値で終了。

ステイト銀(SBIN IN)は6.8%安の1862.05ルピーと、5月 17日以降で最大の下げ。タタ・コンサルタンシー(TCS IN)は

1.6%高の1122.95ルピーで引けた。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比52.3ポイント(1.2%)高の4346.1。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比4.39ポイント(0.2%)高の

1907.53。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比38.93ポイント(0.5%)安の7561.86。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前日比7.86ポイント(0.3%)安の2858.66。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサ・マレーシアKLCI指数は前日比9.18ポイ ント(0.6%)高の1489.64。

【タイ株式市況】

SET指数は前日比15.60ポイント(1.6%)安の967.84。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前日比51.72ポイント(1.4%)高の

3857.36。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前日比31.53ポイント(0.7%)高の

4346.20。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE