米GM株が下落、欧州の損益均衡させる目標撤回-7~9月は減益

更新日時

9日の米株式市場で、自動車メ ーカーのゼネラル・モーターズ(GM)の株価が下落。欧州事業につ いて、収支とんとんの目標を撤回したことが嫌気された。同事業でG Mは、10年余りにわたって通期黒字を出していない。

通常取引開始前の時間外取引でGM株は、ニューヨーク時間午前 8時50分現在、7.3%安の23.20ドル。同社がこの日発表した7 -9月(第3四半期)決算では、利益が17億3000万ドル(約 1345億円、1株当たり1.03ドル)と、前年同期の19億6000 万ドル(同1.20ドル)から減少。1株利益は、ブルームバーグが まとめたアナリスト14人の予想平均(94セント)を上回った。売 上高は前年同期比7.8%増の367億ドル。

欧州事業は利払い・税引き前ベースで2億9200万ドルの赤字 となった。GMは欧州でのリストラ費用を考慮する前の利払い・税引 き前損益を均衡させる目標達成はもはや見込んでいないと明らかにし た。「経済情勢の悪化」を理由に挙げている。

2009年の経営破綻後の新規株式公開(IPO)から1年。GM はこのままいけば今年、販売台数で世界首位の座を再び獲得する。ブ ルームバーグがまとめたデータによると、GMの1-9月の世界販売 台数は679万台で、独フォルクスワーゲン(VW)の616万台、 トヨタ自動車の577万台を上回っている。

調査会社オートデータによるとGMの米販売台数は7-9月期に 15%増加し、同社は北米での生産を増やした。GMにとって収益率 が最も高い米市場での需要が27年ぶり低水準から回復しつつあるこ とを受け、ダン・アカーソン最高経営責任者(CEO)は原材料など の値上がり分を補うため製品価格を引き上げた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE