中国、全体的な政策スタンスの変更は不要-人民銀の李委員

中国人民銀行(中央銀行)貨幣 政策委員会の李稲葵委員は9日、中国は全体的な金融政策のスタンス を変更すべきではなく、不動産規制を後退させてはならないと述べた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。