中国株(終了):3日ぶり上昇、インフレ鈍化を好感-商工銀が高い

中国株式相場は3営業日ぶりに上 昇した。同国の10月の消費者物価指数(CPI)の前年同月比上昇 率が5カ月ぶりの低水準となり、政策当局にとっては景気対策を講じ る余地が広がった。

中国工商銀行(601398 CH)を中心に銀行株が値上がり。中国の 10月のCPIは前年同月比5.5%上昇となった。国内石油最大手のペ トロチャイナ(中国石油、601857 CH)は商品関連株の上昇をけん引。 原油や金属相場の値上がりを好感した。

中国最大の保険会社、中国人寿保険(601628 CH)や自動車メー カーの上海汽車集団(SAICモーター、600104 CH)、鉄道建設を 手掛ける中国鉄建(601186 CH)も高い。

ユンイオン・ライフ・アセット・マネジメントの投資責任者、ラ リー・ワン氏(北京在勤)は「CPIの上昇率が3カ月連続鈍化した ことで、投資家はこの傾向が年内は続くだろうと確信を強めた」と指 摘、「当局が緩和に動くと確信している。投資家の見方で一致してい ないのは緩和の度合いだけだ」と語った。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動す る上海総合指数は前日比21.08ポイント(0.8%)高の2524.92で終 了。上海、深圳両証取のA株に連動するCSI300指数は同0.9%高 の2751.65で引けた。

-- Editors: Richard Frost, Allen Wan

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 関根裕之 Hiroyuki Sekine +81-3-3201-7850 hsekine@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Weiyi Lim in Singapore at +65-6212-1886 or wlim26@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Darren Boey at +852-2977-6646 or dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE