下山オリンパス元社長:損失隠しは「聞いたことがない」

1984年から93年までオリンパス社長 を務めた下山敏郎氏(87)は9日、同社の損失隠しについて「聞いたこ とがない」と述べた。ブルームバーグ・ニュースの取材に答えた。

下山氏は第三者委員会などの調査については「依頼があれば協力す るが、知っていることはない」と説明。自身の社長時代も「財務や経理 には首を突っ込まなかった」とした。

下山氏は93年に会長、2001年に最高顧問に就任。04年からは特別顧 問となり、07年に退任した。オリンパスは8日、90年代ごろから同社が 財テク失敗による損失処理を先送りしていたと発表している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE