中国は富裕層の海外流出歯止めで対策が必要-チャイナ・デーリー

中国当局は富裕層の国外流出に歯止 めをかける手段を見いだす必要があり、そうしなければ経済力が弱ま り中間層拡大の妨げとなるリスクがあると、同国の英字紙チャイナ・ デーリーが9日の論説で報じた。

国家情報センター(SIC)のチャン・モナン研究員は論説で、 中国は税負担の軽減や独占の解体、経済資源の自由な流れを促進する ことを通じて「有能な人材にとって一層魅力的」な国家になれると提 言。「有能な人々にとり中国がより魅力的な国になることでしか、彼ら や彼らの富の流出に歯止めをかけることはできない」との考えを示し た。

チャン氏は中国の招商銀行とコンサルティング会社のベインが実 施した調査を引用し、富裕層が海外移住を目指す中で、中国は富や消 費の喪失に見舞われつつあると指摘。調査によると、中国の富裕層の ほぼ6割が、雇用創出を目的とする投資移住プログラムを利用して海 外への移住を検討、あるいは申請を行ったという。

--Nicholas Wadhams. Editor: John Brinsley

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 関根裕之 Hiroyuki Sekine +81-3-3201-7850 hsekine@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: Nicholas Wadhams in Beijing at +86-10-6649-7574 or nwadhams@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Peter Hirschberg at +852-2977-6934 or phirschberg@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE