欧州各国に銀行のボーナス支払い禁止する権限-資本増強でEU提案へ

【記者:Jim Brunsden and Ben Moshinsky】

11月8日(ブルームバーグ):欧州連合(EU)による域内の銀行 の資本増強計画で、資本基盤がより脆弱(ぜいじゃく)な銀行にボー ナスの支払いを禁止することを含めて、銀行監督当局の執行権限が強 化される可能性がある。

EUの行政執行機関である欧州委員会のバルニエ委員(域内市 場・金融サービス担当)は8日、指令案(法案)を数日中に公表する 考えを明らかにした。

EUの銀行監督当局である欧州銀行監督機構(EBA)は、域内 の金融機関が保有するソブリン債の評価損を計上した後、狭義の中核 的自己資本(コアTier1)比率9%以上を維持するには、1060億 ユーロ(約11兆3700億円)の資本増強が必要と想定している。

欧州の政策担当者は、バランスシートの縮小という手段ではなく、 賞与と配当の支払い自粛によって、銀行が資本基準を達成することを 望んでいる。バルニエ委員はブリュッセルでのインタビューで、「所管 する全ての銀行への9%の目標導入を可能にするには、これらの執行 権限を全ての監督当局に与える欧州レベルの法令が必要だ。今後数日 以内に公表する」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE