IMF専務理事:中国は実質実効ベースでより強い通貨が必要

国際通貨基金(IMF)のラガルド 専務理事は、中国には実質実効ベースでより強い通貨が必要だとの見解 を示した。9日に北京での会議で語った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。