EU:ボールベアリングメーカーに立ち入り調査-価格カルテルの疑い

欧州連合(EU)の規制当局は、 スウェーデンのSKFとドイツのシェフラー・グループに対し、ボー ルベアリングメーカーによる価格カルテルの可能性を調べるため立ち 入り調査を実施した。

EUの行政執行機関、欧州委員会は、競争法に違反した疑いがあ るとして自動車と工業向けベアリングメーカーに対し、抜き打ち的な 立ち入り調査を行ったと発表した。具体的な企業名は明示していない。

ボールベアリング世界最大手のSKFは発表資料で、スウェーデ ンのイエテボリとドイツのシュバインフルトの施設にEU当局者が訪 れたことを明らかにした。シェフラーの広報担当、マルクス・ブラン ズ氏は電話インタビューに応じ、同社も立ち入り調査を受けたと述べ た。両社とも当局の調査に協力している。

Jテクトや不二越などの日本のボールベアリングメーカーは7月、 独禁法違反の疑いで公正取引委員会から立ち入り検査を受けたと公表 している。

Jテクトと不二越に電子メールで取材を試みたがこれまでに返答 はない。8日のストックホルム株式市場でSKFの株価は一時4.5% 安と、今週最大の下げとなった。8日終値は4.4%安の136.50スウ ェーデン・クローナ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE