香港行政長官:アックマン氏は多額の損失も、香港ドルめぐる投資で

米ヘッジファンド、パーシン グ・スクエア・キャピタル・マネジメントのウィリアム・アックマン 最高経営責任者(CEO)は、香港が米ドルとのペッグ(連動)制を 見直すと予想する投資で「多額の資金を失う」ことになるだろうと、 香港の曽蔭権(ドナルド・ツァン)行政長官が指摘した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。