シュタルクECB理事:財政統合に向け「大胆な措置」を-講演

欧州中央銀行(ECB)のシュタ ルク理事は8日、ユーロ圏諸国が共通通貨を補完する財政統合に向け 「大胆な措置」を講じる必要があると呼び掛けた。

同理事はベルリンで講演し、「一言で言えば、危機はより一体と なった欧州を必要としていることをわれわれに明らかに示している。 財政統合をつくる必要がある」と述べた。

シュタルク理事は、「現在の欧州ソブリン債危機は、明確な中期 目標を伴うルールに基づく枠組みの中で財政政策が金融・通貨政策同 様によりしっかりとしたものになる必要があることを証明している」 と指摘、「うまく機能している過去の金融・通貨統合の例は全て、域 内の財政問題に対し力強く革新的なアプローチを示してきた」と続け た。

同理事は、財政政策をより中央主権的にコントロールするほか、 単一の金融・財政当局といった欧州の監督の枠組みを一段と統合する 必要があるかもしれないとも話した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE