債券は反落、伊首相辞任表明受けた株高で-円高基調や潜在需要が支え

債券相場は反落。イタリアのベル ルスコーニ首相の辞任表明で、財政再建の進展期待から株高・債券安 となった米国市場の流れを引き継ぎ、国内株価の反発が売り材料視さ れた。半面、投資家の潜在需要の強さに加え、為替市場での円高・ド ル安基調が相場を下支えした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。