イタリア:安定政権樹立できるかが焦点-ベルルスコーニ首相辞意表明

イタリアのベルルスコーニ首相が 辞意を表明したことにより、焦点は痛みを伴う財政緊縮策を実行でき る安定政権を樹立できるかどうかに移ったが、後継内閣発足は難航す る見通しだ。同国では第二次大戦以降、歴代内閣の平均政権担当期間 が1年にとどまっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。