オリンパス:損失先送り捜査当局が関心、株価は連日のストップ安

オリンパスが8日、過去の財テク での損失処理を先送りし、解職された元社長が問題視した企業買収の費 用で穴埋めしていたと発表した。捜査当局が関心を示し、上場廃止リス クを背景に野村証券が投資判断を失効させるなどしており、9日の株価 は連日のストップ安(値幅制限いっぱいの下落)で、約34年ぶりの水 準まで落ち込んでいる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。