【コラム】MFグローバルとオリンパスが示す日本への教訓:ペセック

米MFグローバル・ホールディン グスの会長兼最高経営責任者(CEO)を辞任したジョン・コーザイ ン氏と、オリンパスの会長兼社長から取締役に降格となった菊川剛氏。 二人の転落はこれ以上ないほど対照的だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。