中村日銀委員:長期金利上昇し財政圧迫する事態も想定外でない

日本銀行の中村清次審議委員は9 日午前、那覇市内で講演し、現在1%前後で推移している長期金利が 「何らかのきっかけで上昇に転じ、金利負担が著しく財政を圧迫する 事態も想定外とはいえない」と述べ、財政健全化の必要性を訴えた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。