10月の銀行貸出は23カ月ぶり増加、震災復興や電力会社が底上げ

日本銀行が9日発表した貸出・資金 吸収動向等によると、10月の銀行貸出平均残高は前年同月比0.1%増の 394兆5709億円と23カ月ぶりの増加に転じた。震災復興資金や電力会 社向けの融資が底上げした。銀行・信金合計の同残高は微増の456兆9766 億円だった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。