エールフランス・KLM:7-9月は31%減益-通期は赤字の公算

欧州最大の航空会社エールフラ ンス・KLMの7-9月(第2四半期)決算は、前年同期比31%減 益となった。同社はまた、通期の損益が赤字になる公算が大きいとの 予想を示した。燃料コスト上昇のほか、景気低迷が航空券価格に重し となっていることを理由に挙げている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。