米アップル、10-12月の世界出荷は最大15%減少も-工商時報

米アップルの10-12月(第4四半 期)の世界出荷は、米欧の経済情勢の悪化を受け、最大15%減少する可 能性がある。台湾紙の工商時報が匿名のサプライヤーの話として伝え た。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。