レーン委員:ギリシャの国民投票計画は欧州の信頼への裏切り-修復を

欧州連合(EU)の行政執行機 関、欧州委員会のレーン委員(経済・通貨担当)は、ギリシャが第2 次支援受け入れの是非を問うために実施を予定していた国民投票はE Uにとって「信頼への裏切り行為」だとの見解を示した。

レーン委員は8日にブリュッセルで記者団に対し、「われわれは 国民投票を実施するとの一方的な発表は、欧州のパートナーの信頼に 対するギリシャの裏切り行為だと感じた。ギリシャとその国民の利益 を考えたユーロ圏首脳会議の決定に対するギリシャの関与に疑念を抱 かせるものだ。今後、信頼修復が必要だ」と語った。

また同委員は、欧州財務相らは「支持基盤が幅広い連立政権」か らの念書と、時宜を得た第1次ギリシャ融資の第6弾供与と第2次支 援の交渉開始の条件として決定が必要な事前措置を現実に実行すると のコミットメントを求めていると説明した。

同委員は「ギリシャと他のユーロ参加国との間の社会的契約の修 復が不可欠だ。信頼修復の方法は念書に加え、支援を進める条件とな る具体的な事前措置だ」と強調した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 山口裕子 Yuko Yamaguchi +81-3-3201-8984 yuyamaguchi@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Patrick Henry at +32-2-237-4328 or phenry8@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE