アリババとソフトバンクが米ヤフー買収でパートナーを模索-関係者

中国の電子商取引運営会社アリバ バ・グループ・ホールディングとソフトバンクは、米ヤフーの全面買 収に向けて複数のプライベートエクイティ(PE、未公開株)投資会 社と協議している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

交渉が非公開であることを理由に同関係者らが匿名で語ったとこ ろによると、ヤフーが保有する持ち分の買い戻しに取り組んでいるア リババとソフトバンクは、ヤフーとの直接協議で進展がないことにい ら立ちを強めている。

アリババとソフトバンクは、ヤフーが機密保持契約を結んでいな いパートナーとの提携を目指している。同契約は買収提案の場合にそ の規模を抑制できるもので、ヤフーがこうした条項を設けたのは経営 権を完全に譲渡するのではなく、小規模な持ち分売却を望んでいるた めだと、関係者は説明した。アリババの馬雲(ジャック・マ)会長は、 ヤフー買収に「非常に関心を持っている」と述べている。

ヤフーとアリババ、ソフトバンクの代表らはコメントを控えてい る。

関係者によると、ヤフーは同社に関心を持つ団体に対し、経営陣 の説明や機密財務情報をさらに得られるとして機密保持契約を結ぶよ う要請している。ただPE投資会社は、他のファンドや戦略的パート ナーとより規模の大きな提案を協議できなくなるため、同契約への署 名を渋っているという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE