ブラジル株:ボベスパ指数は4日ぶり反落、欧州の債務危機懸念で

8日のブラジル株式市場では、指 標のボベスパ指数が4営業日ぶりに反落。イタリアのベルルスコーニ 首相が辞任の意向を表明したものの、欧州債務危機は悪化する可能性 があるとの懸念が響いた。

鉄鉱石生産のMMXミネラサン・エ・メタリコスは3.8%下落。 同社は7-9月(第3四半期)に、四半期ベースで1年ぶりとなる赤 字を計上した。HRTパルチシパソンエス・エン・ペトロレオは 17%安。保有するソリモンエス川流域の油井の1つについて原油埋 蔵に疑問を示したことが嫌気された。

ボベスパ指数は前日比0.3%安の59026.13で終了。指数構成銘 柄のうち下落が39銘柄、上昇は27銘柄。一時は1.2%安まで下落 したが、ベルルスコーニ首相が辞任の意向を固めたことを受けて持ち 直した。通貨レアルは0.9%高の1ドル=1.7326レアル。

エンペイリコス・リサーチのアナリスト、ロドルフォ・アムスタ ルデン氏は電話インタビューで、政権の力があまりにも落ちてしまっ たということだと指摘した上で、「実際に強い内閣をつくることがで きる人物が、ベルルスコーニ首相の後任に就くかは分からない」と述 べた。

-- Editors: Richard Richtmyer, Brendan Walsh

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 or Ywakabayash1@bloomberg.net Editor:Akiko Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: Ney Hayashi in Sao Paulo at +55-11-3017-4914 or ncruz4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: David Papadopoulos at +1-212-617-5105 or papadopoulos@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE