米国株:続伸、伊首相の辞任同意で新政権への期待高まる

米株式相場は続伸。イタリア のベルルスコーニ首相が辞任を申し出たことから、債務危機収束に 向けての新首相への期待が高まった。

S&P500種株価指数の産業別10指数は金融、エネルギー、 テクノロジーなどすべてが上昇した。銀行のJPモルガン・チェー ス、石油のオキシデンタル・ペトロリアム、半導体インテルはいず れも上昇。S&P500種の住宅建設株で構成される株価指数は

3.8%上昇した。トール・ブラザーズは7.4%高。同社の売り上げ 増が好感された。

S&P500種株価指数は前日比1.2%高の1275.92。ダウ工業 株30種平均は101.79ドル(0.8%)高の12170.18ドルだった。

投資会社ホランド(ニューヨーク)のマイケル・ホランド会長 は、「ベルルスコーニ首相は、世界の首脳という点では若干漫画の 登場人物のようだ」と述べ、「欧州で真剣に働いているのは一握り の人たちしかいない。投資家は欧州が未来に向かって進むために 必要なことを見極める上で、ベルルスコーニ首相は助けにはなら ないとはっきり見抜いている。ベルルスコーニ首相は問題の一部で あり、解決策の一部ではない」と続けた。

ベルルスコーニ首相の辞任

ナポリターノ伊大統領は、ベルルスコーニ首相が来週の議会 で財政緊縮法案が可決され次第、辞任することに同意したと述べた。 ベルルスコーニ首相が辞意を明らかにしたのは、予算関連の議会採 決後。採決の結果、賛成票が630議席中308票と同首相は絶対的過 半数を取得できなかった。

ハンティントン・アセット・アドバイザーズのマデリン・マト ロック氏は、「ベルルスコーニ首相は効果的な手腕を発揮していな いのが現実だ。辞任する必要がある」と述べた。

KBW銀行指数は2.4%上昇。景気敏感株で構成されるモルガ ン・スタンレー・シクリカル指数は1.2%上げた。ダウ輸送株平均 も1.2%上昇。JPモルガンは2.3%高、オキシデンタルは2.8% 上昇した。

トール・ブラザーズが高い

トール・ブラザーズは7.4%上昇。同社の8-10月(第4四 半期)の売上高は4億2770万ドルと、前年同期の4億260万ドル から増加した。ブルームバーグがまとめたアナリスト予想は4億1420 万ドルだった。

オンライン旅行会社プライスライン・ドット・コムは8.6% の急伸。同社の7-9月(第3四半期)の利益と売上高はアナリス ト予想を上回った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE