NY原油(8日):上昇、3カ月ぶり高値-伊首相の辞意表明で

ニューヨーク原油先物相場は上 昇。3カ月ぶりの高値となった。イタリアのベルルスコーニ首相が財 政緊縮法案の可決後に辞任することで同意したことが手掛かり。

新首相は債務危機を克服できるとの楽観が広がった。中東の安定 を脅かすイランの核計画に関する国連のリポート内容が明らかになっ たことも原油の買いにつながった。

ストラテジック・エナジー・アンド・エコノミック・リサーチの マイケル・リンチ社長は、「ベルルスコーニ首相の辞任は前向きな展 開として受け止められた」と指摘。「これは財政危機の解決が近づい たことを意味する可能性がある。これが市場に長期的な影響を及ぼす かどうかは分からないが、この日に関しては確実に影響している」と 述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物12月限は前 営業日比1.28ドル(1.34%)高の1バレル=96.80ドルで終了。 終値では7月28日以来の高値となった。年初からは5.9%の値上 がり。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE