中国の実質マイナス金利、銀行の資金調達力にリスク-ムーディーズ

中国の実質マイナス金利は銀行 預金の増加を妨げ、同国が世界的金融危機の衝撃に耐える能力を弱め る可能性がある。米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サー ビスのソブリンリスク担当シニアバイスプレジデント、トーマス・バ ーン氏が懸念を示した。

バーン氏は7日、北京でインタビューに応じ、「銀行の資金源で ある預金ベースをむしばむリスクとなる実質マイナス金利を解消する ことが重要だ」と指摘。「信頼できる」資金源を持つことで、中国の 銀行システムは「多くの脆弱(ぜいじゃく)性を取り除くことができ る」と述べた。

中国人民銀行(中央銀行)のデータによれば、同国の銀行システ ムにおける預金残高は第3四半期に約4年ぶりの小幅な伸びとなった。 クレディ・スイス・グループのエコノミスト、陶冬氏(香港在勤)は、 預金金利は過去1年8カ月にわたってインフレ率を下回っており、よ り高い利回りを求めて不動産や最高年利が70%に上る消費者金融な どに資金が集まっている。

9月のインフレ率は6.1%だったのに対し、預金基準金利は年率

3.5%。ブルームバーグ・ニュースがエコノミスト27人を対象に実 施した調査の予想平均では、10月のインフレ率は5.5%への鈍化が 見込まれている。

--Victoria Ruan. Editors: Nerys Avery, Ben Richardson

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 小林 恭子 Kyoko Kobayashi +1-212-617-5230 kkobayashi39@bloomberg.net Editor: Shigeru Chiba 記事に関する記者への問い合わせ先: Victoria Ruan in Beijing at +86-10-6649-7570 or vruan1@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: Paul Panckhurst at +852-2977-6603 or ppanckhurst@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE