ベルルスコーニ首相:下院採決で絶対過半数届かず-退陣へ圧力

イタリアのベルルスコーニ首相 は8日の下院での採決で、絶対過半数を確保できなかった。会計に関 する形式的な採決は、同首相に対する事実上の信任投票の様相を帯び ていた。絶対過半数を得られなかったことで、首相に退陣を迫る圧力 が高まるのは必至だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。