OPEC:2015年の世界需要予想を上方修正-景気回復ペース速い

石油輸出国機構(OPEC)は 8日、2015年までの世界原油需要見通しを上方修正した。予想以上 に速いペースの景気回復が背景。

OPECの年次世界石油見通しによると、世界の消費量は今後 4年間で5.3%増加して日量9290万バレル。特にアジアの新興国 が消費をけん引するとみられる。2015年の予想は昨年から190万 バレル引き上げられた。OPECはその上で、欧州の債務危機や減速 する米国の経済成長は依然としてリスク要因だと指摘した。

OPEC事務局は「実際のところ、回復ペースは予想以上に 速い」としたものの、「リスクは下振れ方向にあると言えよう。一部 の欧州連合(EU)加盟国で起きたソブリン債危機が波及し、世界経 済が一段とペースを落としているように見受けられる」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE