今日の国内市況:株式続落、債券先物続伸、ユーロ下落-イタリア懸念

東京株式相場は続落。急速に債務 不安が高まっているイタリア情勢が警戒され、電機など輸出関連、海 運や鉄鋼といった景気敏感業種、証券など金融株中心に幅広く売られ た。過去の損失計上先送りの事実が発覚したオリンパスはストップ安。 特に午後は同水準で売り気配を続け、株価指数先物にヘッジ売りとみ られる動きも出たため、全般の下げに拍車が掛かった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。