ソフバン:10月も携帯純増首位、iPhone参入もKDDI及ばず

電気通信事業者協会が8日発表し た10月の携帯電話契約統計によると、新規契約から解約を差し引いた 純増数で、ソフトバンクが19カ月連続の首位を維持した。米アップル の端末「iPhone(アイフォーン)」販売に同月参入してソフトバ ンクの実質独占を崩したKDDIの追撃をかわした。

純増数はソフトバンク24万7600件、KDDI19万6900件、N TTドコモ8万6900件の順。KDDIは10月14日にアイフォーン新 機種の代行販売を開始。通信網のつながりやすさなどをアピールした が、ソフトバンクは低料金や旧機種からの乗り換え優遇策で対抗した。 4位イー・モバイルの純増数は5万5000件。

ただ、KDDIと同社傘下の高速無線会社UQコミュニケーショ ンズを合わせた純増数は29万2500件と、ソフトバンクを超えた。番 号継続制度による転入超もKDDI6万8700件に対し、ソフトバンク は6600件。その分ドコモは顧客を奪われ、7万5400件の転出超だっ た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE