高山オリンパス社長:含み損先送りの責任者は菊川、森、山田氏の3人

高山修一オリンパス社長は8日の都 内での会見で、同日発表した投資含み損の計上先送りの責任者は、菊川 剛・元会長、森久志・前副社長、山田秀雄監査役の3人だと語った。含 み損の金額などは第三者委員会の調査結果がないと回答できないと語っ た。 含み損については7日夕に、森氏から報告を受けたとしている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。