アジア株:もみ合い、イタリアでの重要法案採決控え-LG電子高い

8日午前のアジア株式相場はもみ 合い。イタリアで同日予定されている重要法案の下院採決を前に、指 標のMSCIアジア太平洋指数は前日終値を挟む値動きとなった。こ の採決ではベルルスコーニ首相の続投や緊縮策の実行に十分な支持が 得られるかどうかが示される。

世界3位の携帯電話メーカー、韓国のLG電子はソウル市場で

4.5%高。計画している株主割当増資で得た資金の半分を、赤字の携帯 電話事業立て直しへの投資に充てる方針を示したことが好感された。 一方、ソニーやオリンパスは値下がりしている。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午前10時38分現在、前 日比0.1%高の119.97。騰落銘柄比率は、上昇が約9に対し下落が7。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE